人気カードローンのプロミスへの申し込み前に、基本的な内容をしっかりと見ておきましょう。

プロミスで借りて他への返済

プロミスで借りたお金は資金使途が特には問われていないため、生活費としての利用だけでなく様々な用途に使えるようになっています。

他への支払いで必要なお金としてもプロミスからは借りられますが、プロミスで借りて他への返済となると何かと問題が生じやすいものです。

特に気をつけるべきはその後の返済計画で、今の返済も借りないと行えない状況で新たにプロミスから借りてしまえば、余計に今後の返済が苦しくなる可能性が高くなります。

一時的なものである場合

冠婚葬祭が重なる、出費がかさんでどうしても今月分の支払いや返済のお金が足りないといった場合であれば、プロミスで一時的に借りてまかなうのは悪くはないと言えます。

プロミスならメールアドレスとWeb明細の利用登録で初回30日間の無利息期間がついてくるので、次の給料日に新たに借りたプロミスへは一括で返済をしたいといった場合には頼れます。

ただ、あくまで借りられればの話です。他社での借り入れがあり返済が迫っている状況では審査に通らない可能性もあるので、プロミスで借りて他に返すといった考えはあまり持たない方が良いでしょう。

返済が遅れていると難しい

遅れている返済を解消するためにプロミスから借りるとなると、それは審査通過の面で難しくなってしまいます。プロミスに限らずどこで借りるとしても今現在の返済ができていることは最低条件となるため、遅れている返済を抱えた状態では審査通過が難しいです。

他社での借り入れがあっても年収の3分の1までの総量規制の範囲内なら、審査の結果次第ではプロミスでは借りられます。

しかし、返済ができていなければ年収に対する借り入れに余裕があるとしても借りられないので、返済のために借りるとしても今現在の状況がとにかく重要となります。

返済のために借りるとなると今後の返済が重くなるので、なるべくなら借りて返すといったことは考えない方が良いです。

トップへ戻る