人気カードローンのプロミスへの申し込み前に、基本的な内容をしっかりと見ておきましょう。

大型ローンは審査が厳しい

住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどの大型ローンの審査は簡単には通らず、申し込みをしても借りられない場合も少なくありません。

借りられない原因、審査に落ちてしまう理由は明かされないために分からず、なぜ審査に通らなかったのかは自身の状況から推測をするしかありません。

そのため、プロミスの借り入れが原因でローン審査に落ちてしまう、ローンの審査に通らなくなったのではないかと考える方も少なくないのです。

ローン審査への影響

プロミスで借りることのローン審査への影響は、契約が残っているなら決してゼロではありません。契約があるということは借りていないとしても借金をみなされてしまうため、プロミスの契約があればローン審査に落ちてしまう原因にもなりかねません。

完済をしても解約を申し出ない限りはプロミスの契約は基本的に残るため、今後に借りる予定がないのであれば忘れずに解約をすることが、ローン審査への影響を抑えるポイントとなります。

利用内容に問題がないのであれば、既に解約済みのプロミスでの契約情報はローン審査への大きな影響はないとするのが一般的であるため、ローンの審査落ちとなった原因が過去のプロミスでの契約とは断言をするのは難しいです。

プロミスでの利用状況が問題

ローンの審査は過去の利用状況に問題があると、どうしても通りづらくなってしまいます。今現在はしっかりと完済をして解約をしているとしても、一度でも大きな遅れがあると信用情報機関にネガティブな情報が記録されるため、情報が消えるまでの一定期間は審査に通りづらくなります。

これはプロミスでの借り入れに限ったことではなく、全てのカードローンやキャッシング、クレジットカードの利用にも言えることです。

また、スマートフォンの本体代金の分割払いである割賦契約でも同様であるため、プロミスなどのカードローンで借りていないとしても割賦払いの大きな遅れがあれば、大型ローンの審査に通らなくなる可能性はあります。

借りすぎていれば影響が出る可能性も

過去の借り入れの履歴がプロミスだけでなく、多くのカードローンやキャッシングとなっていれば大型ローンの審査に何らかの影響が出る可能性もあります。

借金は癖になってしまう方も少なくないので、一度でも借りてしまうと多くの債務を抱え、ローンの返済が難しくなってしまうと考えられるためです。

ローンの審査に通らなくなってしまっている、審査に落ちてしまったという方は、プロミスで借りたのが原因というよりもプロミスでの利用内容や、その他での借り入れの状況が良くなかったといった場合が少なくありません。

どうしてもローン審査に通らないのであれば、自身の状況を確認するためにもCICやJICC、全銀協での信用情報の開示請求を行ってみましょう。

トップへ戻る