人気カードローンのプロミスへの申し込み前に、基本的な内容をしっかりと見ておきましょう。

早くにプロミスで借りる

プロミスの魅力は、何と言っても早さにあります。最短30分の審査回答と申し込み当日の最短即日融資の利用も可能となる早さで、急な出費が重なった際であってもプロミスならスピーディな借り入れも可能としています。

早い借り入れのためにはいくつかの借り方があり、プロミスでは利用者の希望内容に合わせて最短即日融資でのカードローン利用が行えます。それぞれの借り方には良い点ばかりではなく注意点もあるので、急ぎで借りたい方は希望内容に一致したプロミスでの借り入れが行えるように、しっかりと確認をしておくと良いでしょう。

振り込みか受け取りか

基本として、プロミスでの借り入れは二通りとなります。指定の銀行口座宛に振り込んでもらう振り込み融資か、またはカードを使ったATMでの借り入れです。店頭での借り入れも可能ではありますが、プロミスの有人店舗は日本全国で見ても設置数はそこまで多くないので、基本的な借り方からは省いて考えます。

それぞれの違いは単純にカードを受け取りに行く必要があるか無いかで、銀行振り込みでの借り入れならWeb上での振り込み指示によって来店不要のプロミスでの融資が可能となります。対してカードの受け取りは、無人の自動契約機にカードを受け取りに行く必要があります。

手軽さで考えれば来店不要となる銀行振り込み融資が優れているのですが、銀行振り込みでプロミスでの即日融資を利用するためには、平日14時までにWeb契約を完了させなければなりません。時間外となっている、銀行が休業となる土日祝日である場合には銀行振り込みによる融資が利用ができないため、全てにおいてプロミスの銀行振り込みが優れているわけではないのです。

  • 当日中の取り扱いに間に合わない場合も

平日の14時までのWeb契約で、プロミスでは申し込み当日の銀行振り込みによる最短即日融資も可能としています。しかし、申し込みから審査、契約まではどの程度の時間がかかるかは正確には分からず、申し込みの内容によっては審査に時間がかかる場合があるため、例えば午前中の早い段階で申し込みを行ったとしても当日中の取り扱いに間に合うとは限りません。

幅広い時間で対応ができる契約機

プロミスの自動契約コーナー

平日の14時までと曜日と時間の制限が厳しいプロミスの銀行振り込み融資に比べ、自動契約機を利用する手続きであれば夜間でも対応が可能となります。プロミスの審査回答時間は9:00~21:00となるためにその間に審査結果の連絡を受けておく必要がありますが、その後であればプロミスの契約機を使った手続きが進められます。

プロミスの契約機は場所によっては22時まで対応をしているので、21時までの審査結果連絡を終えていると、その後の22時までの間で契約が進められます。契約機での契約手続きなら、最短でその日のうちにその場でカードが受け取れるようになるので、急ぎで借りたい方はそのままプロミスのATMか、またはコンビニなどの提携ATMでの限度額内での借り入れが可能となります。

急ぎで借りたい場合には銀行振り込みよりも契約機を利用するカード受け取りの方が優れている場合が多く、契約機まで行かなければならない欠点こそありますが、プロミスの契約機は土日でも手続きができるところも多いため、週末に急にお金が必要になってもスピーディに借りられます。

  • 契約は土日でも進められる

プロミスの店舗は土日は休業となっていますが、対応自体は行っています。ネットでの申し込みによるWeb契約も、契約機を使う手続きも土日でも対応をしてくれるので、土日だからと言ってプロミスで借りられないわけではありません。平日も土日も、手続きの進め方による当日中の借り入れに間に合うのであれば、プロミスなら最短即日融資も可能となるのです。

プロミスのカードローン契約は三井住友銀行のローン契約機でも行えるため、日本全国多くの場所で曜日を問わずにプロミスの契約手続きが進められるようになっています。

土日でも振り込み融資も可能

通常の銀行振り込みによる融資は、申し込み当日の借り入れなら平日の14時までのWeb契約で、その他の場合にも当日中の取り扱いに間に合う時間帯での振り込み指示が必要となります。時間を過ぎると翌営業日の扱いとなってしまい、その日のうちには借りられません。

そのため、土曜日に振り込みで借りたいとなっても通常の銀行振り込みでは難しく、土曜日に振り込み指示を出しても借りられるのは早くて週明けとなります。最短でも月曜日、月曜日が祝日であればさらに借り入れは延びてしまいます。

ATMでのカード利用であれば週末も関係なく利用ができますが、申し込み当日のカード利用となると契約機まで取りに行かなければなりません。プロミスの契約機は外からは中の様子は見えないようになっていますが、それでも契約機まで行きたくないと感じる方はプロミスならではのサービスとなる「瞬フリ」による銀行振り込みを利用すると良いです。

瞬フリはプロミス独自のサービスとなり、指定の金融機関宛であれば平日も土日も24時間最短10秒で振り込みが可能となります。通常の銀行振り込みでは対応ができない週末や夜間でも、プロミスの瞬フリなら最短即日での借り入れも可能となるのです。

  • 瞬フリに対応をする金融機関

プロミスの瞬フリに対応をする金融機関は、三井住友銀行とジャパンネット銀行となります。どちらかの本人名義の普通預金口座を持っていないと利用ができないので、瞬フリを利用する際には、どちらかの口座宛の振り込みになっても問題が無いかを確認しておくと安心です。

  • 口座の登録が必要となる

瞬フリを利用するためには口座の登録が必要となり、利用する口座を22時までに登録をしないと利用ができません。22時までに登録を済ませておけばそれ以降でも瞬フリによる借り入れの利用が行えるので、瞬フリで借りる際には口座登録を忘れずに済ませてください。

契約方法によって異なる手続き

申し込み当日にプロミスからの銀行振り込みでの借り入れを利用する際には、瞬フリでの利用も含めてWeb契約での手続きとなる場合が多いです。対してカードの受け取りによるATMでの借り入れは自動契約機での契約手続きとなりますが、契約方法によってその後の流れも異なります。

来店不要となるWeb契約では後日にカードの郵送がされるため、プロミスからの郵送物が届くこととなります。差出人名にプロミスと書かれているわけではありませんが、「事務センター」からの郵送物が届くため、中身の取り扱いに注意をしないとプロミスでの契約がばれてしまう可能性があります。

その点、プロミスの契約機での手続きの際には、契約における郵送物は無いので安心です。契約機でそのままカードや契約書類を受け取るため、後日に自宅宛などの郵送物はありません。利用明細もWeb交付に対応をしているので郵送はされず、しっかりとした返済を進めている限りはプロミスからの余計な郵送物は届かないのです。

どちらの手続きでも時間に間に合えばプロミスでの最短即日融資も可能となりますが、契約後の郵送物の扱いを考えると、自動契約機での手続きの方が優れている部分があります。近くにプロミスの契約機が無いとどうにもなりませんが、身近な場所に設置がされている場合には、利用を考えてみるのも良いでしょう。

契約機の設置情報は随時変更がされています。プロミス公式サイトにて最新情報を確認し、最寄の契約機での手続きを進めるようにしてください。

契約機を利用するにあたって

プロミスの契約機で手続きを進めるにあたっては、必要となる書類をしっかりと用意しておくことが早い借り入れのための大きなポイントとなります。必要書類が足りないとその後に提出をしなければならないので、余計な手間と時間がかかります。

また、契約に必要となる書類が用意できないと、その日のうちの契約が行えずにプロミスからの借り入れすらも利用ができなくなってしまう可能性もあります。

必要書類は本人確認書類や金額によっては所得を証明する書類となりますが、認められている書類がそれぞれ定められています。本人確認書類も顔写真が無いものだとどうしても弱くなってしまうので、手続きを滞りなく進めるためにも予めしっかりと確認をしておきましょう。

  • 在籍確認の手続きにも注意が必要

プロミスでは申し込みの際に入力された勤務先に勤めているかの確認を、審査の際に在籍確認として行っています。プロミス名は出さずに個人名で電話をかけての確認となる場合が多いため、申し込みの曜日や時間によっては勤務先が営業時間外で電話で対応ができないといったこともあります。確認が取れないと契約まで進められないため、在籍確認に関する不明点や要望等がある場合には、申し込み後すぐにプロミスへの電話で相談をするようにしてください。

早い借り入れも返済を考える

最短即日融資も可能となるプロミスは、借りることだけでなく返済もしっかりと考えてから利用をしましょう。借り入れ残高によって毎月の返済金額が変わるため、多くの金額を借りればそれだけ毎月の返済負担も大きくなります。

余裕のある返済で借りてこそプロミスが便利なサービスとなるので、いくら借りればいくらの返済になるのかをよく確認し、収入と支出のバランスから無理のない範囲で返済ができるようにカードローンを利用してください。

また、返済は長引かせると利息が大きくなってしまうため、なるべくなら早くに返し終えられるような使い方が理想となります。余裕のあるときには多めの返済を進めるなどし、完済を早めるとより便利に無駄なくプロミスのカードローンが利用できるようになります。

利用における疑問や質問、相談等は、プロミスの店舗やコールセンターで受け付けてくれます。分からないところがあればすぐにでも聞くようにし、納得をした上で借りるようにしましょう。

トップへ戻る