人気カードローンのプロミスへの申し込み前に、基本的な内容をしっかりと見ておきましょう。

プロミスの審査を受ける前に

プロミスの申し込み条件を満たすとネットで来店不要のカードローン申し込みが行えますが、申し込みをしたからと言って必ずしもお金が借りられるわけではありません。そこからプロミスによる審査が行われ、基準をクリアした方が契約まで進められるようになるのです。

審査の内容や基準は明かされているわけではありませんが、プロミスのような大手のカードローンサービスで借りるためには基本として抑えておくべきポイントがあります。審査基準が明確になっていない分だけ慎重になる必要があるので、慌ててプロミスへの申し込みを進めるのではなく、最低限の注意点に関してはしっかりと確認をするようにしてください。

審査の基本となる総量規制

プロミスでは他社での借り入れがあるからといって、必ずしも審査落ちとなるわけではありません。プロミスの審査においては他社利用は無い方が良い傾向にあるのですが、他社での借り入れがあるとしても収入に対して多すぎない、返済が正常に行えているのであれば審査に通過ができる可能性はあります。

しかし、収入に対して借り入れが多すぎると審査では不利になり、一定額を超えるとプロミスの審査では通過ができなくなります。一つの基準が「年収の3分の1」で、現在の貸金業法で定められている総量規制の範囲となる年収の3分の1を超えてしまうと、プロミスでは貸付が行えません。

総量規制の年収の3分の1は借り入れの総額となるため、消費者金融やクレジットカードのキャッシング利用など、総額で年収の3分の1を超えている、または近くまで借り入れを抱えてしまっている方は、プロミスの審査には通過ができないと言えます。

適度な範囲、返済が正常に行える範囲とされれば他社での借り入れがあってもプロミスの審査通過も考えられますが、借り入れの総額が多すぎる場合、件数が何件もある場合には、どうしても審査では不利になってしまうのです。

  • 目的ローン等は含まない

年収の3分の1までの借り入れは住宅ローンやマイカーローンなど、一般的に担保貸付となるような借り入れに関しては含まれません。しかし、だからと言ってローンを多く抱えていてもプロミスで借りられるとは限らず、ローン残高から返済能力を超えてしまう可能性があると判断されると審査には通過ができなくなってしまいます。

  • 例外の適用は現実的ではない

総量規制には年収の3分の1を超えて融資が可能となる例外となる貸付がありますが、プロミスでの借り入れに関しては例外の適用は無いと考えておいた方が良いでしょう。基本的に年収の3分の1までとなり、どのような目的であってもそれを超える金額をプロミスで借りることは難しい、現実的ではないと考えておくべきです。

総量規制には様々な例外が設けられており、そのうちの一つに専業主婦の方でも配偶者に安定した収入があれば借りられる「配偶者貸付」があります。これは自身で収入を持たない専業主婦の方も配偶者と収入を合算できるようにするもので、専業主婦の方でもお金が借りられるようにと例外として設けられている制度です。

本来、総量規制では年収の3分の1までの借り入れと定めているため、本人の収入が0円の専業主婦の方では借り入れ可能額も0円となります。しかし、配偶者貸付の制度であれば配偶者と収入を合算できるため、配偶者に収入が600万円あるとすれば専業主婦の方の収入は0円+600万円で600万円となります。

配偶者貸付を利用すれば600万円の年収からの3分の1まで、つまり200万円までの借り入れは利用が可能となりますが、プロミスでは上の申し込み条件に挙げたように本人が収入を得ていないと申し込みが行えないので、配偶者貸付の制度があるとしても専業主婦の方はプロミスでの借り入れは利用ができません。

  • 配偶者貸付を適用するかは利用先次第

専業主婦の方でも配偶者の安定収入で利用ができる可能性がある配偶者貸付の制度は、適用をするかは借り入れ先の利用条件によって決められています。しっかりとした審査を行い、返済が問題ないのであれば例外として貸し付けても良いといっただけで、何も配偶者貸付による融資を行わなければならないわけではありません。実際に、プロミスをはじめとする大手の消費者金融各サービスは、配偶者貸付によるカードローン利用は認めていません。

大手以外の消費者金融では配偶者貸付による融資を行っているところはありますが、配偶者貸付では配偶者との関係を示す書類の提示や、同意や確認等も必要となっているため、専業主婦の方が内緒で借りるのは難しい問題点もあります。

総量規制の範囲内でも注意が必要

プロミスの審査は総量規制を超えない借り入れなら通過ができるわけではなく、総量規制の範囲内であっても他社での借り入れがある方は注意が必要です。他社での借り入れがあればその分だけ返済の負担が大きくなるため、当然ながらプロミスでの審査も慎重になります。

特に件数が多い方、総量規制を超えていない範囲であっても収入に対しての借り入れが多い方は、やはり審査では不利になります。また、返済に関してもしっかりと行えていないとプロミスでの融資は不可となるため、現在の利用状況においても注意をしなければなりません。

大手の信頼ができるサービスであるからこそ、プロミスはしっかりとした審査を行っています。通過ができれば安心の頼れるカードローン利用ができますが、その代わりに誰でも借りられるわけではないのです。

正常な返済は最低条件

他社でのキャッシングなどの利用がある状態でプロミスへの申し込みを行う際には、現時点での返済が正常に行えていることが審査通過における基本的な前提条件となります。今現在の返済ができていなければ、既に返済能力を超えた借り入れを重ねてしまっていると考えられるため、プロミスでの審査に通ることはありません。

お金を貸し付けて利息をつけて返済をしてもらわないとプロミス側も成り立たないため、担保も保証人も無く融資を行うプロミスのカードローンは、申し込み者本人の返済能力に関しては審査でしっかりと確認をしています。

今現在の返済が正常にできていない方が今後、正常に返済が行える見込みは低くなってしまうので、現状での返済すらも行えていなければ、プロミスだけでなくどこからも借りられなくて当然なのです。

  • 大手以外でも審査通過は難しい

プロミスのような大手のサービス以外でも、今現在の返済が正常に行えていない方は、中小の消費者金融であっても審査通過は難しいです。プロミスでは特に明記がされていませんが、この点に関しては中小の消費者金融の方がはっきりとしており、「返済が遅れている方は申し込みができません」などと申し込みフォームに書かれている場合もあります。

正常な返済って何?
毎月の最低限の返済じゃだめなの?
ここで言う正常な返済とは、毎月の返済期日にしっかりと約定返済額の入金を行っていることを指します。毎月の最低額の返済となる約定返済額の入金を遅れずに行っていれば、それは正常な返済として扱われます。逆に正常ではない返済とは、返済期日から遅れている、期日に入金をしていても約定返済金額に満たない不足入金となります。
過去の返済遅れにも注意

今現在の返済が正常に行えているとしても、過去に大きく返済が遅れている場合にはプロミスの審査でも悪影響を与えてしまう場合があります。過去の利用状況は信用情報機関に記録されており、プロミスの審査の際には信用情報の照会で過去と現在の利用状況が確認されるため、返済に大きく遅れている記録があると審査ではネガティブな情報として扱われてしまうのです。

特に気をつけたいのが直近の返済の遅れや不足による入金で、ある程度の前の記録で一回限りの遅れや不足入金であればそこまで大きな影響は与えなくても、直近で返済にたびたび遅れているような記録があれば、プロミスの審査では不利に働きます。

一度遅れてしまったり不足入金としてしまい、信用情報機関に記録がされると一定期間は情報が保有され続けてしまうため、プロミスの審査を受ける前に返済に関するトラブルを起こしてしまっているとどうにもならなくなってしまうのです。

  • 大きな返済の遅れは厳しい

長期間に渡って返済が遅れるようなことがあると、信用情報機関にはブラックとされる「異動」の記録が残ってしまいます。異動の記録は対象となる債務を完済してから5年を超えない期間は残り続けるため、その間は新たなカードローンやクレジットカードを含め、信用情報が絡む審査全般に対して大きく不利になります。

  • 期間が経過しないと消えない

事実と異なる情報でもない限りは、信用情報機関に記録されている情報は保有期限を経過しないことには消えません。一度の返済の遅れが数年に渡って情報が残り続けてしまうため、信用が絡む契約はしっかりと返済を行う必要があります。プロミスの審査に通過ができた後も、信用情報を汚さないように正しい返済を行ってください。

審査を不利にしないために

審査は不利なく受ける必要があり、自らで審査落ちを招くような申し込みを行うべきではありません。上に挙げた返済が正常に行えていない状態でのプロミスの申し込みもそうですが、審査に通らない、不利になってしまうような状態ではプロミスへの申し込みは控えた方が良いのです。

返済状況以外にもプロミスの審査では不利になるものがあり、そのうちの一つが多重申し込みとなります。他の消費者金融や銀行、またはクレジットカードを発行する信販会社へのカード申し込みをプロミスへの申し込みと同時期に立て続けに行ってしまうと、審査では大きく不利になります。

多重申し込みはプロミス以外のどのサービスでも嫌う内容となっているため、お金が必要だからと焦って多くのところに同時に申し込みを行わないようにしてください。

  • 申し込みの履歴は記録されている

信用情報機関には利用状況の他に、申し込み時などに記録される情報照会履歴が一定期間は残るため、短期間のうちに複数の申し込みを行うと履歴が多く積み重なります。履歴は単純に多ければ多いほどに審査では不利に働きやすいので、プロミスでの借り入れを考えるなら他社への申し込みは行わない、多重申し込みはしないようにすべきなのです。

なぜ多重申し込みがNGか

短期間で多くの申し込みを行っていると、返済が正常に進められる見込みが薄くなってしまいます。多くのところから一気に借りればそれだけ返済の負担も大きくなるため、今後の返済がしっかりと行えるかが分からないためです。

返済を第一に考えた計画的な利用を進めるのであれば、プロミスからの借り入れに限らずどこでも多くの申し込みは一気には行わないものです。一つの借り入れ先をしっかりと選び、必要最低限の利用に留め、返済を無理なく進めます。

しかし、無計画に今にとにかくお金が必要といったような状況となると、目に付いたところにいくつも申し込みを進めがちであるため、どうしても返済が疎かになると考えられてしまうのです。

また、プロミス以外にも多くの申し込みを立て続けに行っていると、そもそも返済をするつもりがないのではないかと考えられる場合もあります。返済をしないままで放置ができるわけではありませんが、正常に返済がされなければプロミス側としても損害となってしまうので、審査に通すことはできません。

審査は受けてみないと結果が分からないので、いくつかのカードローンへの申し込みを行い、審査に通過ができたところ、或いは結果が良かったところから借りるようにしようと考える方もいます。しかし、その考えで複数への同時申し込みをするとどこの審査にも通らなくなってしまうため、多重申し込みは控えるようにしてください。

信用情報機関には半年間、申し込みに関する照会履歴が残ります。この間に多くの履歴があると審査で不利になってしまうので、余計な申し込みによる履歴の蓄積は今後の審査にも悪影響を与えてしまうのです。

トップへ戻る