人気カードローンのプロミスへの申し込み前に、基本的な内容をしっかりと見ておきましょう。

30日間の無利息サービス

プロミスでは、はじめて利用をする方にお得な30日間の無利息サービスが適用されます。条件としても特に難しいものではなく、メールアドレスとWebでの明細交付登録を行うだけとなるので、特に面倒な手続きは不要で無利息サービスが適用されるようになっています。

どちらの登録ももちろん無料となっており、余計な費用もかかりません。簡単な条件を満たすだけで初回の借り入れ翌日から30日間も無利息となるので、プロミスのカードローンははじめて利用をする方にお得な借り入れ先となるのです。

Webでの明細交付も、プロミスを便利に使うためには欠かせないものとなります。Web上で利用明細が交付されるようにしておけば、借り入れや返済の度に自宅宛に明細が郵送されることもないので安心です。

借り入れの翌日から無利息

プロミスの無利息サービスが優れている点は、借り入れの翌日から無利息となるために無駄がないのです。今では大手の消費者金融は多くが初回契約の際に30日間の無利息期間が付くようになっていますが、契約の翌日から無利息期間が始まるために借り入れの開始時期によっては無駄が生じます。

例えば契約の翌日から30日間が無利息となる借り入れ先で契約を行ってから10日後に借り入れを行った場合には、無利息期間は最大で20日しか適用がされません。契約の翌日から期間がカウントされてしまっているので、借りた日がいつであっても無利息期間が無駄となります。

しかし、プロミスは異なります。プロミスは契約がいつであっても、無利息のスタートは借り入れの翌日からです。上記の例のように契約の10日後に借りたとしても、プロミスならその翌日から30日間が無利息となるのです。

  • 初回の無利息はプロミスが強い

大手消費者金融の中で、初回30日間の無利息をサービスとして提供をしていたのはプロミスが最も早いです。今では契約の翌日から30日間は金利ゼロとなるサービスを行っているアコムも、以前は期間限定のキャンペーンとして行っていたに留まるため、30日間の無利息サービスはプロミスが先駆けとも言え、強いのです。

一括返済も分割返済もお得

一定期間の無利息となると、無利息期間内に全て返済をできる少額の一括返済での利用がお得に感じられるものです。しかし、分割返済となる利用においても30日の無利息期間が適用されるため、当然ながら利息の面ではお得になります。

一括であっても分割であっても、無利息期間がある分だけお得となるので、借りる金額や期間を問わずに30日間はお得です。一括返済であればその後の返済もないのでお得なのは事実ですが、分割であるとしても本来は利息として支払うはずだった金額をそのまま返済に回しておくと、翌月以降の利息が少しは軽くなるので最終的な利息負担が減らせます。

適用が借り入れの翌日からで無利息期間に無駄がないプロミスのカードローンは、一括返済として借りる場合においても、分割返済で少しずつの返済を進めたい場合においても、どのような借り方でもお得となるのです。

30日間でかかる利息は借りる金額や金利によっても異なりますが、プロミスの上限金利17.8%で借りている場合には10万円の利用で1,463円となります。

どんなに低金利よりも強い

メールアドレスとWeb明細の登録で借り入れの翌日から30日間は無利息になるプロミスのカードローンは、どんなに低金利での借り入れ先よりも30日間の利用はお得になります。消費者金融は金利が高くて返済が不安と感じている方も、プロミスなら初回の30日間は利息負担が抑えられるために安心です。

継続しての利用や、長期での返済となると金利が低い借り入れの方が有利となりますが、短期的な利用であれば30日間の無利息期間が付くプロミスでの借り入れがお得となります。消費者金融は返済が苦しくなるといった先入観だけで決め付けるのではなく、返済の計画をしっかりと立てた実際の負担で借り入れ先を考えると無駄がありません。

計画的な利用が第一

無利息期間の有無問わず、カードローンはとにかく計画的な利用が第一となります。借りたお金に対する返済をしっかりと考えた上で利用をするのであれば、暮らしの中でのお金のピンチに役立つサービスとなります。

しかし、プロミスにおいても初回は30日間の無利息期間があるからと無計画に借りてしまうと、返済に困ることにもなります。メールアドレスとWeb明細の登録でたしかに借り入れの翌日から30日間は無利息となりますが、30日間は利息がかからないだけで返済がなくなるわけではありません。

利息がかからないとしても返済自体はしっかりと行わなければならないので、プロミスでの借り入れを考える際においても、しっかりとした返済計画で無理のない範囲でのカードローン利用を行うようにしてください。

借りすぎてしまうと返済が大きな負担となるので、無利息期間があるからと言って余計な金額は借りるべきではありません。必要最低限の借り入れとし、返済が進めやすい範囲に留めておくべきなのです。

トップへ戻る