人気カードローンのプロミスへの申し込み前に、基本的な内容をしっかりと見ておきましょう。

借り入れ後のプロミスの返済

カードローンでの借り入れを利用した後は、しっかりと返済を進めなければなりません。返済期日までに毎月の決められた返済金額を入金し、完済まで遅れることなく支払い続けることとなります。

お金を貰うサービスではなく借り入れとなるプロミスのカードローンは、借りる際には返済を第一に考えて利用をする必要があります。返済日に無理はないか、毎月の返済金額は余裕を持てるかなどを確認した上で借りないと、思わぬ負担で返済が難しくなってしまう場合もあるのです。

プロミスのような便利なサービスではどうしても借りることばかりを優先して考えてしまうものですが、今後の返済がスムーズに進められるように、しっかりと計画を持って利用を進めるようにしてください。

プロミスの返済日

プロミスでお金を借りた後の返済は、毎月の返済日までに行います。返済日はプロミスでは5日、15日、25日、末日の中から都合に合わせて選べるようになっているので、余裕のある日にちで返済日を決めておくと良いです。

例えば給料日が10日の方であれば返済日は15日に、給料日が25日であれば末日にしておくといった具合です。給料日が25日なら返済も25日で大丈夫とも言えますが、やはりお金が入ってくる日にちと返済日がギリギリになっていると、何らかの事情によってお金が入るのが数日遅れてしまった場合には、プロミスへの返済も遅れてしまうのであまりよくありません。

確実に返済を行うためには数日程度は余裕を持たせておいた方が安心ができるため、選べるプロミスの返済日の中から、給料日などの数日後に返済が行えるように設定をしておくと良いでしょう。

  • 期日を離しすぎると良くない

給料日が10日でプロミスの返済日を月末にするなど、お金が入ってくる日にちと返済日を大きく離してしまうのは避けるべきです。お金はいつ使ってしまうか分からず、あまりにもプロミスの返済日が離れていると、返済を終えていないにも関わらず返済金額が足りなくなる状況も考えられます。まずはプロミスへの返済を優先して考えるためにも、返済日を離しすぎるのは良くないのです。

プロミスの返済金額

毎月の決められた返済日に入金を行うプロミスの返済金額は、借り入れの残高によって上下するようになっています。限度額がいくらであっても借り入れの残高によって毎月の返済金額が決まるので、大きく借りなければ一回あたりの返済金額も少なく抑えられます。

プロミスのような消費者金融は返済の負担が大きいと感じている方も少なくないですが、実際にはプロミスの毎月の返済金額は低く軽く抑えられています。ただ、だからと言って最低額だけの返済を進めていては完済までに長い期間を要してしまうので、余裕があるときには多めの返済をするなどして早めの完済を目指すようにしましょう。

借り入れ残高ごとの返済金額

借り入れ残高 返済金額
50,000円 2,000円
100,000円 4,000円
200,000円 8,000円
300,000円 11,000円
400,000円 15,000円
500,000円 19,000円

プロミスでの借り入れを5万円とすると、毎月の返済日に入金をする金額は最低2,000円で済みます。2,000円ずつの返済であれば毎月に多くの金額を支払えない方でも安心で、無理のないペースで返済が進められます。

10万円を借りているとしても一回あたりの返済は4,000円となり、毎月の返済は多くできないといった方でもプロミスなら借り入れの金額を抑えることで、余裕のある計画で完済までの返済を進められるようになります。

金利の差はあるものの、毎月の一回あたりの返済金額だけで見ると、プロミスは一部の銀行カードローンよりも軽くなっています。一部の銀行では少額の借り入れでも毎月の返済は10,000円となっている場合があるので、少しずつ返済を進めたい方には負担が大きくなってしまいます。

利息負担を抑えるために

カードローンの返済は効率的に進めるのが重要で、ずるずると返済を長引かせると利息負担が大きくなってしまいます。プロミスでも毎月の最低返済額自体は少なくなっていますが、だからと言ってそのまま最低額で返済を続けてしまうと、最終的な支払い総額が膨れ上がります。

余計な利息の支払いを抑えて返済を進めてこそプロミスの良い返済の仕方とも言えるので、利息負担を抑えるための返済の進め方についても知っておくと良いでしょう。

  • 利息は借りた分だけ発生する

プロミスをはじめとするカードローンの利息は、借りた分に対してのみ発生するようになっています。借りた金額と借りていた期間に対してのみの利息となるので、大きな金額を借りなければ、借り入れ期間を短くすれば利息は少なくなります。

利息を減らす現実的な方法

プロミスの利息を減らして返済を進める方法は主に3つあります。金利自体を抑えて借りるか、借りる金額を少なくするか、短い期間のみ借りるかです。この中で現実的となるのは、金利を抑えて借りる以外の方法です。

短期的に借りて一括で返済をするようなプロミスの使い方であれば、借り入れ金額を少なくして借りるのも必要になる直前まで引っ張れば返済までの期間も短くできるので、返済時の利息負担も軽くなります。しかし、毎月の分割返済となるとそうもいきません。

毎月の決められた期日に返済を行う場合においては、返済の期間を短くすることはできません。多くの方はお金は月に一度しか入ってこないので、返済のサイクルも大体は毎月の決まった日になります。

少し前倒しで返済を行うことは可能ですが、翌月もそのまま同じだけ前倒しで返済を行うわけにもいかず、期間を数日短くできたとしてもそれは一時的なものに留まります。となると、利息を減らす現実的な方法は、残された「借りる金額を少なくする」となります。

必要最低限で借りる

プロミスは限度額内で繰り返しの借り入れが利用できるため、限度額があれば本来の必要以上の金額も借りられてしまいます。しかし、大きな金額を借りれば返済の金額も増え、さらには返済時の利息負担も増えてしまいます。

利息は利用者側からすれば無駄な出費にしかならないため、利息をなるべく抑えて借りるためには必要最低限での借り入れに抑える必要があります。限度額が30万円で必要な金額が5万円であるとするなら、何も30万円を借りずに5万円だけ借りれば良いのです。

仮にプロミスの上限金利となる17.8%で借りているとすれば、30日間の利息は30万円の借り入れで4,389円になるのに対し、5万円の借り入れに留めれば731円で済みます。必要も無い金額を「借りられるから」と借りてしまうと利息の負担だけが大きくなるので、余計な借り入れはすべきではないのです。

  • 返済の進め方にもコツがある

プロミスの利息を減らす返済の仕方にもコツがあります。プロミスの毎月の返済は借り入れ残高ごとに決められた金額を返済日までに入金をすれば良いのですが、これに加えて任意での返済を進めておくと利息が減らせるようになります。任意での追加入金による返済はその分だけ借り入れの残高が減らせるので、翌月以降にかかる利息負担が軽くなって行くのです。毎月の返済を済ませた後にお金に余裕があるなら、無駄遣いに回すのではなく追加返済として入金をしておくと良いでしょう。

返済を優先して考える

プロミスでの借り入れを抱えているうちは、とにかく返済を進めることを優先して第一に考えておくべきとも言えます。借りている間は利息がかかり続けるため、なるべくなら早くに返し終えて無駄な利息をかけないようにすべきなのです。

多くの金額を借りるとなると完済もなかなか難しくなってしまいますが、少額の利用であれば任意での返済を駆使することで完済も近付きます。当初の計画よりも早くに返し終えられるので、やはりプロミスでの借り入れは必要最低限に留めておくと良いでしょう。

返済をし終えた後でも解約をしなければ限度額内で繰り返し借りられるプロミスのカードローンは、必要なときに頼れるサービスとなります。今後の利用に悪影響を与えないためにも、余裕のある無理のないプランでの返済を進めるようにしてください。

返済に関するトラブルを起こしてしまうと、追加での借り入れが停止されてしまったり、その他の厳しい対応が取られる場合もあります。今後の利用や信用情報にも良い影響を与えないので、プロミスに限らず返済はしっかりと行うようにしましょう。

トップへ戻る