人気カードローンのプロミスへの申し込み前に、基本的な内容をしっかりと見ておきましょう。

早い手続きのプロミス

大手カードローンサービスのプロミスは、早い審査回答と融資の対応で急ぎで借りたい方からの人気が高い頼れる借り入れ先となります。できれば今日中にお金が必要といった状況でも、プロミスなら申し込みの時間や審査の結果によっては、最短即日での利用開始も可能となっています。

急な出費ですぐにでもお金が必要になってしまった状況でも、ネットでの申し込みで最短30分の審査回答、平日も土日も手続きの進め方次第で最短即日融資も可能となるプロミスは、とにかく早くに借りたい方に適するカードローンサービスとなるのです。

ただ、プロミスのカードローンは申し込みを行えば誰でも借りられるものではありません。審査の基準にクリアをして契約を行ってはじめて借りられるようになるので、プロミスへの申し込みを考える際には最低限の知っておきたいポイントがあります。

加えて借り入れ後の利用における使い方や返済の進め方、返済の負担等もしっかりと見ておかなければ良い借り入れとはできません。焦ってプロミスへの申し込みを進めるのではなく、プロミスの借り入れにおける基本的な部分はよく確認をして、納得ができてから申し込みを行うようにしてください。

申し込みを行うための条件

消費者金融のカードローンサービスとなるプロミスは、手軽さや早さに優れている借り入れ先となっていますが、だからと言って誰でも申し込みが行えるわけではありません。条件を満たせる方のみの申し込みとなり、さらに借り入れとなると審査の基準を満たせる方に限られます。

プロミスの審査に通るか以前に、まずはプロミスの審査を受けられるだけの条件を満たしているか、つまりプロミスのカードローン申し込みにおける最低限の条件を満たしているかの確認を行わなければなりません。最低限の条件を満たしていない方の申し込みは審査にすら進むことはなくなってしまうので、無駄な手続きとなってしまうためです。

プロミスへの申し込みを無駄にしないために、まずは審査を受けられる状態にするために、最低限の申し込み条件に関してはしっかりと確認を行うようにしてください。

プロミスの基本情報

第0位

プロミス

来店不要でも最短即日融資も可能となる、初めての方にも人気の大手カードローンサービスです。

実質年率限度額審査時間融資時間
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
ネットでの申し込みからWeb契約で最短即日融資も可能となり、平日14時までの手続きで当日中の銀行振り込みによる借り入れも利用ができます。時間外となった場合、銀行の休業日である土日祝日の場合には、ネットでの申し込み後に契約機を利用すると最短即日のカード発行と借り入れも可能となるため、曜日を問わずに素早い借り入れとなるのが魅力です。
女性向けのプロミスレディースキャッシングはこちら
プロミス
公式サイトで詳細を見る

安定した収入は必須となる

プロミスの申し込み条件には年収の制限はありませんが、安定した収入は得ていなければなりません。申し込み者本人が安定した収入を得ていなければならないので、自身で収入を得ていない方や収入自体が不安定な方では、プロミスへの申し込みは行えません。

安定した収入とは毎月の決められた日に給与として得られるお金などとなり、金額が多少は上下するとしても、毎月ある程度の範囲内で得られるものを指します。アルバイトやパートの方でシフト制の場合には月によって給与が多少は上下してしまいますが、それでも毎月の給料日にはある程度の範囲で給与所得が得られるため、安定した収入として認められています

逆に安定していない収入とはどのようなものかと言うと、給料日が決まっておらず不定期にお金が入ってくる場合や、勤務先自体も不安定でどこに勤めているかが分からない日雇いの派遣の方などです。日雇いの派遣は派遣先が安定しておらず、明日の仕事もどうなるか分からない状態でもあるため、どうしても安定した収入とは認めづらくなってしまいます。

同じ派遣でも一つの勤務先に継続して勤めている派遣社員の方であればまた違ってきますが、日雇いのスポットとされる派遣の場合には、どうしても安定した収入といった面で難しくなるので申し込みの条件が満たせなくなります。

  • 専業主婦もプロミスは利用ができない

配偶者に安定した収入があるとしても、自身では収入を持たない専業主婦の方はプロミスのカードローンが利用できません。申し込み者本人が安定した収入を持っていることがプロミスの申し込み条件となっているので、本人ではない配偶者が安定した収入を得ていても専業主婦の方はプロミスの利用は行えません。

安定性がとにかく重要となる

大きな限度額でプロミスのカードローンを利用するためには収入の大きさも関係してきますが、少額でもプロミスでの借り入れを利用したいと考えるなら、収入の大きさよりも安定性が重要となります。

プロミスでは収入や信用情報などからの返済能力に応じた限度額を審査によって決めているため、収入が多くはなくても安定をしていれば、返済ができる範囲での限度額設定で借りられる可能性があります。しかし、収入が多くても安定をしていないと「安定した収入」の条件が満たせなくなってしまうので、申し込み条件がクリアできないのです。

  • 不定期に100万円が入ってくる場合

毎月に得られるわけではなく、不定期に大きなお金が入ってくるような状態では安定した収入とは呼べません。今月は100万円が入ってきても来月は0円などといった場合には、プロミスの申し込み条件である安定した収入とは言えないのです。

  • 毎月10万円前後が入ってくる場合

アルバイトやパートなどで毎月の決まった給料日に10万円前後が入ってくる場合は、金額は多くはありませんが安定した収入となるために条件を満たせます。月によって8万円であったり12万円であっても、給料日が決まっていれば安定した収入と言えます。

上記の例では、年収だけで考えれば不定期に一ヶ月に100万円が入ってくる場合の方が多くなります。例えば年間のうちの3ヶ月だけ100万円ずつ入るとすると、それだけで年収は300万円となります。対してアルバイトなどで月の給料が10万円の場合には、年収は120万円となります。

年収の大小だけで決めるとすれば不定期に多くの金額が入る方が強くなりますが、プロミスの申し込み条件は安定した収入となっているので、お金が得られない月があるような不定期な収入状況ではどうしても弱くなってしまいます。

借り入れ後の返済は一括で返すのでなければ毎月の決められた日に決められた金額を入金しなければならないため、継続して返済が行えるだけの安定した月々の収入は必須となります。安定した収入を得ているのは最低条件で、そこからいくら借りられるのかは審査によって決まるため、プロミスでの借り入れを考えるならまずは最低限の条件である安定した収入はクリアしておかなければならないのです。

事業性資金としての利用はできませんが、個人事業主の方の個人利用であればプロミスの申し込みは可能です。ただし事業が継続していて安定している必要があるので、実体が不明な自営業などの場合には申し込み条件が満たせない可能性が高いです。

年齢にも条件がある

プロミスに限らずどのカードローンにおいても、申し込みの際の年齢の条件が設けられています。プロミスでは申し込み時に20歳以上69歳以下の条件を設けており、20歳未満の未成年の方や69歳を超える70歳以上の方では利用ができなくなっています。

利用というのは借り入れであるため、プロミスを利用中の方なら契約が打ち切られるわけではなく、以後の借り入れが利用できなくなるだけです。限度額内での繰り返しの借り入れは利用ができなくなってしまいますが、返済は今まで通りのペースで進めていけます。

プロミスで定められている20歳以上69歳以下の年齢は、あくまで申し込みの際の条件となります。プロミスとの契約途中に年齢を超えてしまったからといって、誕生日にすぐに全額を返済するなどといった無茶な要求はプロミスでは行いません。

それまでの正常な利用を行っている限りは、契約途中に年齢を超えても返済は今まで通りのペースで行えるようになっています。年齢を超えると限度額内での追加での借り入れができないといった不便さはありますが、返済に関しては心配をすることなく進められるのです。

プロミスの利用のための条件は、簡単にまとめると20歳以上69歳以下の、本人が安定した収入を得ている方となります。安定した収入は何も正社員や公務員に限らず、アルバイトなどの方も含まれるため、プロミスは多くの方に頼れるカードローンとなるのです。

借りられれば便利なサービス

プロミスの利用条件をしっかりと満たした上での申し込みを行い、審査に通過をして契約となれば便利な借り入れが利用できるようになります。発行されるカードを使ったプロミスATMやコンビニ、金融機関などの提携ATMでの借り入れや、インターネットでの振り込み融資でも素早く借りられるため、困ったときには助かる便利なサービスとなります。

審査の結果によって決められた限度額の範囲内なら繰り返し何度でも利用ができるのも便利なポイントで、今だけでなく今後にお金が必要になったときでもプロミスなら限度額の範囲内なら、再申し込み不要で何度でも借りられます。

限度額が30万円であれば10万円を借りていても追加で20万円までは申し込みを行うことなく利用ができ、資金使途の申告も必要なく借りられるため、目的や希望に合わせて便利に素早く利用ができます。初回契約時には大きくなりにくい限度額も一定期間の利用実績によっては増額も可能となり、プロミスは今後にも役立つ便利なサービスとなるのです。

返した分が借りられる利点と欠点

プロミスでは限度額内で繰り返しの借り入れが利用できるため、限度額一杯まで借りてしまったとしても返済を進めれば、返した分に関してはトラブルがなければ再び借りられるようになります。何度でも借りられるのは困ったときに便利ではあるのですが、気をつけなければならないのは返済がいつまでも続いてしまう可能性がある点です。

借りた後に返済だけを進めるのであればいつかは完済ができますが、返済をしては借りるといったサイクルを繰り返してしまうと、いつまで経っても返済が終わらなくなります。返済を行う期間が長くなればその分だけ利息負担も大きくなってしまうので、返した分を借りる際にもしっかりとした返済の計画は必要不可欠となります。

  • 便利だからとすぐに借りないようにする

契約後であれば限度額内で再申し込み不要で繰り返し借りられる便利なプロミスは、その便利さに甘えて手持ちのお金が無くなったときに気軽に借りてしまうと、借金をいつまでも抱えてしまう可能性があります。カードを使って借りる際も、インターネットでの振り込み融資で借りる際も、お金を借りているといった自覚をしっかりと持ち、余計な借り入れは重ねないようにしましょう。

どうしても足りないのであれば借りる
困ったときのプロミス

インターネットでの来店不要申し込みが可能で、契約もWeb契約であれば店舗にも契約機にも行かずに手続きが行えるプロミスは、その手軽さからお金に困ったときには頼れる借り入れ先となります。

ただ、だからと言って余計に借りる、深く考えずに「借りればいい」といった感覚では利用をするものではなく、借りれば利息を支払わなければならないためによく考えて借りるようにしなければなりません。本当に借りてまで必要なお金なのか、借りた後の返済はしっかりと行えるかを考えてから借りるようにしましょう。

計画的に使えば便利なサービスとなるプロミスも、余計な借り入れを重ねてしまえば返済が大きな負担となります。返済が負担となれば不便とも感じられるようにもなってしまうため、借り入れは慎重に、よく考えて利用をしてください。

プロミスでよくある疑問や質問

プロミスの利用における疑問や質問をまとめました。初めてお金を借りる方、プロミスの利用において分からない部分がある方は申し込み前に確認をしておくと良いでしょう。

申し込みから契約の進め方は?

プロミスで借りるまでの流れ

プロミスの申し込みは早い借り入れのためであればパソコンやスマホからのWeb申し込みか、または店頭窓口か自動契約機での申し込みとなります。

どちらの方法でも時間内であれば早い借り入れが可能となりますが、来店不要となるWeb契約は平日14時までに手続きを終えないと当日中には借りられません。

店頭窓口や契約機での手続きなら営業時間内で、契約機なら土日でも場所によっては22時まで営業をしているので、Web契約で借りるよりも長い時間で最短即日での対応が可能となります。

店頭窓口にしても契約機にしても申し込み自体は事前にWebで行えるため、早くに借りたい方はWeb申し込み後の契約機の利用が良いです。Web契約ではカードが後日の自宅宛の郵送となりますが、契約機ならその場でのカード発行となるための自宅宛の郵送物なく契約が行えるのも利点です。

契約後は銀行振り込みやカードを使ったATMでの借り入れの他、プロミスではスマホアプリを使ったセブンイレブンなどに設置のセブン銀行ATMの借り入れも可能となっているため、便利で素早いキャッシング利用を可能としています。

カードが届いたらすぐに借りられる?

プロミスはすぐ借りられるか

来店不要のWeb契約を行うと、後日に自宅宛のプロミスからカードの郵送がされます。カードの郵送が困る場合には店舗や契約機まで直接受け取りに行くこととなりますが、どちらにしても契約後にカードを受け取ればすぐにATMでお金が借りられるようになります。

カードを使っての借り入れはプロミスのATMだけに限らず、全国の提携コンビニATMや金融機関の対応をするATMでも行えます。

提携ATM利用時には手数料の負担には注意をする必要がありますが、カードを持っていればお金が必要なときにすぐ借りられるので大変便利です。

カードを使っての借り入れは契約時に決められた限度額の範囲内となり、限度額内なら何度でも繰り返し利用ができます。追加での借り入れでも限度額内なら再び申し込みをする、審査を受けるといった必要はなく、限度額さえ空きがあればカードを使って借りられます。

限度額内で繰り返し借りられるとなると借金をしている感覚が薄れてしまう場合がありますが、借りたお金は利息をつけて返済をしなければなりません。いくら便利とは言っても、返済を第一に考えた適度な借り入れに留めなければなりません。

契約後に限度額は増額できる?方法は?

プロミスの増額は可能?

初回の限度額は大きくなりにくいのがプロミスをはじめとするカードローンサービスの一つの特徴ですが、限度額はいつまでもその金額で固定というわけではなく、利用状況等によっては限度額の増額により大きな金額まで借りられる可能性があります。

増額がされても総量規制の関係で他社での借り入れも含めて年収の3分の1までとなりますが、プロミスにおいてもある程度の利用期間と正常な返済実績、そして収入証明書類の提出があれば限度額の増額も可能となります。

今の契約内容よりも大きな限度額に変更をする増額の手続きは、必要に応じて利用者側から申請をするのと、プロミス側からの連絡が来るのとで大きく分けて二通りとなります。どちらにしても増額のための審査が必要となり、増額審査のためには契約後に利用をして凡そ半年程度の実績がなければ難しいとされています。

プロミス側からの増額の案内があった場合には心強いですが、利用者側からの申請においてはプロミスでの利用内容や他社での借り入れ状況等によって、増額審査に通らない場合もあります。増額審査とは言っても来店不要でWeb上で行えるので、追加でお金が必要な方で一定期間の利用実績があれば、プロミスでの増額を考えてみると良いでしょう。

金利は?返済時の利息計算は?

プロミスの金利について

プロミスの金利は実質年率で4.5%~17.8%となっていますが、初回契約時においては多くが上限金利の17.8%での契約となります。

限度額が大きな契約となれば金利はいくらか下がる可能性がありますが、数十万円程度の借り入れでは上限金利となる場合が多いです。

プロミスの返済時には借りている金額と期間、そして金利から計算がされる利息を支払うこととなり、利息は「借り入れ金額×金利÷365×借り入れ日数」で計算されます。

例えば10万円を17.8%の金利で30日間借りているなら「10万円×17.8%÷365×30日」で1,463円が利息となり、毎月の約定返済金額から利息を引いた分が借り入れ残高への返済に充てられます。

毎月の返済は利息以上に支払っていかないといつまで経っても払い終えられませんが、借り入れ残高ごとに決められている返済金額は利息と元金を合わせた金額であるため、計画通りに返済を進めるなら完済まで少しずつでも進められます。

借りた後の返済は?

プロミスの返済について

プロミスの返済方法は豊富に用意がされており、カードを使ったプロミスATMやコンビニや金融機関の提携ATMでの入金の他に、銀行振り込みやインターネットバンキング、口座引き落とし、コンビニに設置のマルチメディア端末を使ってレジでの返済も可能となっています。

また、店頭窓口となるプロミス店舗のサービスプラザでも返済は可能です。店頭窓口であれば返済の計画に関する相談をしながら返済ができますが、営業時間が平日の夕方までに限られてしまうため、毎月の返済を来店をして行うというのは手軽ではありません。

やはり主となるのはカードを使ったATMでの入金や振り込み、インターネットとなり、プロミスでは日本全国どこからでも素早く便利な返済が可能となっています。

返済期日に関しては契約時に5日、15日、25日、末日の中から自由に選択ができ、契約途中での返済日の変更も可能です。ただし、例えば25日に迫っている返済日を翌月5日にし、さらに5日に迫っている返済日を15日に引き延ばすなどはできません。詳しくはプロミスのコールセンターでご確認ください。

カードがなくても返済できる?

返済時にカードは必要か

プロミスの返済はカードがなくても銀行振り込みやスマホアプリ、プロミスATMを利用してその場で入金が行えます。ただ、インターネットバンキングを利用した返済の場合には、カード番号か会員ページにログインをするためのIDが必要となります。

スマホアプリを利用した返済はセブン銀行ATMで、専用のプロミスアプリにログイン後にスマホATM取引で行えます。

スマホアプリへのログインのためには同じくカード番号かIDが必要となり、今後にカードなしで返済を行いたい場合にはインターネットバンキングの利用も含めて、予めログインをしておくと便利です。

ログイン不要でカードなしで返済をするとなると、プロミスATMの利用となります。プロミスATMならカードがなくてもログインID等が不明でも返済が行えます。

プロミスの店舗や契約コーナーに併設のプロミスATMで「カードなしの選択 ⇒ 氏名・生年月日・電話番号の入力」で返済が可能となり、カードが手元になくても営業時間内ならその場ですぐに入金ができるようになっています。

完済をしたら解約になる?

完済時のプロミスの契約の扱い

マイカーローンや教育ローン、フリーローンなど一度に全額を借りた後の返済を進めていくローンは、完済をすればその時点で契約も終了、つまり解約といったような扱いになります。

プロミスでも同じようなイメージを持たれる方もいますが、プロミスの契約は完済をしたからといって解約になるわけではありません。

プロミスでは限度額の範囲内なら何度でも繰り返し借りられるため、今現在借りているお金を全て返済をして完済となっても契約は残り、再申し込み不要で再び限度額内でお金が借りられます。

繰り返し使えるのは便利ではありますが、再び借りる予定がないのであれば今後のクレジット審査のために解約はしておいた方が良いです。利用をする予定があるなら限度額内で再申し込み不要で借りることを考えて契約は残しておくべきですが、使わないのであれば余計な借金を抱えていることともなってしまうため、プロミス側に連絡をして解約をしてもらいましょう。

プロミスなどのカードローンは借りていなくても枠がある状態、つまり契約が残っていると借金とみなされてしまい、例えば住宅ローンを組むなどの際に何らかの影響が出る場合があります。使う予定がないなら、完済後は忘れずに解約手続きを行うようにしてください。

ローン審査に通らなくなるって本当?

プロミスで借りると今後の審査に影響するか

プロミスや他の消費者金融でよく言われることですが、カードローンでお金を借りると他のローン、つまり住宅ローンやマイカーローンの審査に通らなくなるのではないかと心配をする方は少なくありません。

クレジットカードやカードローンの契約とは異なり、非常に大きな金額での契約となる住宅ローンにおいては、カードローンの残債があれば収入に対する年間の返済額から計算がされる返済比率を多少なりとも圧迫することや、単純に返済先があることによって審査には影響が出る可能性があります。

ただ、これはプロミスでの借り入れに限った話ではなく、クレジットカードの利用においても同様です。簡単に言ってしまえば毎月の借金の返済があるかないかといった部分であり、それがプロミスであろうとアコムやアイフルといった他サービスであろうと、またはクレジットカードでも同じです。

プロミスだからといったことではなく、どこであっても借金があれば収入に対しての返済比率が上がってしまうため、審査には何らかの影響が出る可能性があるのです。

他で審査落ちでもプロミスで借りられる?

プロミスの審査基準

審査の基準は借り入れ先によってそれぞれ異なり、一つの申し込み先で審査落ちとなったからといって全ての銀行や消費者金融などでNGとなるわけではありません。

ただ、審査に落ちてしまうということは申し込み内容に何らかの問題があり、その部分を改善しないことにはプロミスでの審査通過も難しくなるでしょう。

審査落ちとなった理由に関してはどこでも教えてくれないのが一般的であり、なぜ審査に落ちたのかは自身で推測をするしかありません。既に何社も借りていれば収入に対しての借り入れが多すぎるのが審査落ちの原因と考えられ、返済に関するトラブルがあれば恐らく原因はそこにあります。

借りすぎや返済に関するトラブルが原因と思われる審査落ちではプロミスでも同様に審査結果は良いものとなりませんが、それ以外の部分であれば借りられる可能性はあります。まずはプロミス公式サイトで借り入れ診断を利用し、申し込みが行える状態にあるかだけでも確認をしておくと良いでしょう。

審査に落ちると他社契約に影響はある?

プロミスで審査に落ちた場合

プロミスでの新規契約の申し込みをして審査に落ちてしまったとしても、今現在契約のある他社カードローンやクレジットカードの内容には一般的には影響はありません

逆に審査に通って契約ができたとすると、今現在の借り入れに加えてプロミスでの借り入れを利用することとなるため、審査基準の厳しいカードを使っている場合には減額などの対応が取られる可能性があります。

借り入れ先が増えればそれだけ返済の負担も大きくなり、厳しいところでは返済を正常に行ってもらうために枠を減らし、リスクを軽減します。各社とも契約途中でも信用情報の照会による利用状況の確認をしており、借金が増えていればそれに合わせて限度額の減額などによる調整を行う場合があるのです。

プロミスだけ申し込みをして審査に通らなければ基本的には影響はないとされていますが、プロミスだけでなく何社も一斉に申し込みをして全て審査落ちとなってしまったような場合には、何らかの影響が出る可能性があるので多重申し込みは避けるようにしてください。

▼プロミスの申し込み前に確認

プロミスの申し込みや借り入れを考える前に、まずは気になる情報をしっかりと確認をしておきましょう。

トップへ戻る