人気カードローンのプロミスへの申し込み前に、基本的な内容をしっかりと見ておきましょう。

早い手続きのプロミス

大手カードローンサービスのプロミスは、早い審査回答と融資の対応で急ぎで借りたい方からの人気が高い頼れる借り入れ先となります。できれば今日中にお金が必要といった状況でも、プロミスなら申し込みの時間や審査の結果によっては、最短即日での利用開始も可能となっています。

急な出費ですぐにでもお金が必要になってしまった状況でも、ネットでの申し込みで最短30分の審査回答、平日も土日も手続きの進め方次第で最短即日融資も可能となるプロミスは、とにかく早くに借りたい方に適するカードローンサービスとなるのです。

ただ、プロミスのカードローンは申し込みを行えば誰でも借りられるものではありません。審査の基準にクリアをして契約を行ってはじめて借りられるようになるので、プロミスへの申し込みを考える際には最低限の知っておきたいポイントがあります。

加えて借り入れ後の利用における使い方や返済の進め方、返済の負担等もしっかりと見ておかなければ良い借り入れとはできません。焦ってプロミスへの申し込みを進めるのではなく、プロミスの借り入れにおける基本的な部分はよく確認をして、納得ができてから申し込みを行うようにしてください。

申し込みを行うための条件

消費者金融のカードローンサービスとなるプロミスは、手軽さや早さに優れている借り入れ先となっていますが、だからと言って誰でも申し込みが行えるわけではありません。条件を満たせる方のみの申し込みとなり、さらに借り入れとなると審査の基準を満たせる方に限られます。

プロミスの審査に通るか以前に、まずはプロミスの審査を受けられるだけの条件を満たしているか、つまりプロミスのカードローン申し込みにおける最低限の条件を満たしているかの確認を行わなければなりません。最低限の条件を満たしていない方の申し込みは審査にすら進むことはなくなってしまうので、無駄な手続きとなってしまうためです。

プロミスへの申し込みを無駄にしないために、まずは審査を受けられる状態にするために、最低限の申し込み条件に関してはしっかりと確認を行うようにしてください。

プロミスの基本情報

第0位

プロミス

来店不要でも最短即日融資も可能となる、初めての方にも人気の大手カードローンサービスです。

実質年率限度額審査時間融資時間
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
ネットでの申し込みからWeb契約で最短即日融資も可能となり、平日14時までの手続きで当日中の銀行振り込みによる借り入れも利用ができます。時間外となった場合、銀行の休業日である土日祝日の場合には、ネットでの申し込み後に契約機を利用すると最短即日のカード発行と借り入れも可能となるため、曜日を問わずに素早い借り入れとなるのが魅力です。
女性向けのプロミスレディースキャッシングはこちら
プロミス
公式サイトで詳細を見る

安定した収入は必須となる

プロミスの申し込み条件には年収の制限はありませんが、安定した収入は得ていなければなりません。申し込み者本人が安定した収入を得ていなければならないので、自身で収入を得ていない方や収入自体が不安定な方では、プロミスへの申し込みは行えません。

安定した収入とは毎月の決められた日に給与として得られるお金などとなり、金額が多少は上下するとしても、毎月ある程度の範囲内で得られるものを指します。アルバイトやパートの方でシフト制の場合には月によって給与が多少は上下してしまいますが、それでも毎月の給料日にはある程度の範囲で給与所得が得られるため、安定した収入として認められています

逆に安定していない収入とはどのようなものかと言うと、給料日が決まっておらず不定期にお金が入ってくる場合や、勤務先自体も不安定でどこに勤めているかが分からない日雇いの派遣の方などです。日雇いの派遣は派遣先が安定しておらず、明日の仕事もどうなるか分からない状態でもあるため、どうしても安定した収入とは認めづらくなってしまいます。

同じ派遣でも一つの勤務先に継続して勤めている派遣社員の方であればまた違ってきますが、日雇いのスポットとされる派遣の場合には、どうしても安定した収入といった面で難しくなるので申し込みの条件が満たせなくなります。

  • 専業主婦もプロミスは利用ができない

配偶者に安定した収入があるとしても、自身では収入を持たない専業主婦の方はプロミスのカードローンが利用できません。申し込み者本人が安定した収入を持っていることがプロミスの申し込み条件となっているので、本人ではない配偶者が安定した収入を得ていても専業主婦の方はプロミスの利用は行えません。

安定性がとにかく重要となる

大きな限度額でプロミスのカードローンを利用するためには収入の大きさも関係してきますが、少額でもプロミスでの借り入れを利用したいと考えるなら、収入の大きさよりも安定性が重要となります。

プロミスでは収入や信用情報などからの返済能力に応じた限度額を審査によって決めているため、収入が多くはなくても安定をしていれば、返済ができる範囲での限度額設定で借りられる可能性があります。しかし、収入が多くても安定をしていないと「安定した収入」の条件が満たせなくなってしまうので、申し込み条件がクリアできないのです。

  • 不定期に100万円が入ってくる場合

毎月に得られるわけではなく、不定期に大きなお金が入ってくるような状態では安定した収入とは呼べません。今月は100万円が入ってきても来月は0円などといった場合には、プロミスの申し込み条件である安定した収入とは言えないのです。

  • 毎月10万円前後が入ってくる場合

アルバイトやパートなどで毎月の決まった給料日に10万円前後が入ってくる場合は、金額は多くはありませんが安定した収入となるために条件を満たせます。月によって8万円であったり12万円であっても、給料日が決まっていれば安定した収入と言えます。

上記の例では、年収だけで考えれば不定期に一ヶ月に100万円が入ってくる場合の方が多くなります。例えば年間のうちの3ヶ月だけ100万円ずつ入るとすると、それだけで年収は300万円となります。対してアルバイトなどで月の給料が10万円の場合には、年収は120万円となります。

年収の大小だけで決めるとすれば不定期に多くの金額が入る方が強くなりますが、プロミスの申し込み条件は安定した収入となっているので、お金が得られない月があるような不定期な収入状況ではどうしても弱くなってしまいます。

借り入れ後の返済は一括で返すのでなければ毎月の決められた日に決められた金額を入金しなければならないため、継続して返済が行えるだけの安定した月々の収入は必須となります。安定した収入を得ているのは最低条件で、そこからいくら借りられるのかは審査によって決まるため、プロミスでの借り入れを考えるならまずは最低限の条件である安定した収入はクリアしておかなければならないのです。

事業性資金としての利用はできませんが、個人事業主の方の個人利用であればプロミスの申し込みは可能です。ただし事業が継続していて安定している必要があるので、実体が不明な自営業などの場合には申し込み条件が満たせない可能性が高いです。

年齢にも条件がある

プロミスに限らずどのカードローンにおいても、申し込みの際の年齢の条件が設けられています。プロミスでは申し込み時に20歳以上69歳以下の条件を設けており、20歳未満の未成年の方や69歳を超える70歳以上の方では利用ができなくなっています。

利用というのは借り入れであるため、プロミスを利用中の方なら契約が打ち切られるわけではなく、以後の借り入れが利用できなくなるだけです。限度額内での繰り返しの借り入れは利用ができなくなってしまいますが、返済は今まで通りのペースで進めていけます。

プロミスで定められている20歳以上69歳以下の年齢は、あくまで申し込みの際の条件となります。プロミスとの契約途中に年齢を超えてしまったからといって、誕生日にすぐに全額を返済するなどといった無茶な要求はプロミスでは行いません。

それまでの正常な利用を行っている限りは、契約途中に年齢を超えても返済は今まで通りのペースで行えるようになっています。年齢を超えると限度額内での追加での借り入れができないといった不便さはありますが、返済に関しては心配をすることなく進められるのです。

プロミスの利用のための条件は、簡単にまとめると20歳以上69歳以下の、本人が安定した収入を得ている方となります。安定した収入は何も正社員や公務員に限らず、アルバイトなどの方も含まれるため、プロミスは多くの方に頼れるカードローンとなるのです。

借りられれば便利なサービス

プロミスの利用条件をしっかりと満たした上での申し込みを行い、審査に通過をして契約となれば便利な借り入れが利用できるようになります。発行されるカードを使ったプロミスATMやコンビニ、金融機関などの提携ATMでの借り入れや、インターネットでの振り込み融資でも素早く借りられるため、困ったときには助かる便利なサービスとなります。

審査の結果によって決められた限度額の範囲内なら繰り返し何度でも利用ができるのも便利なポイントで、今だけでなく今後にお金が必要になったときでもプロミスなら限度額の範囲内なら、再申し込み不要で何度でも借りられます。

限度額が30万円であれば10万円を借りていても追加で20万円までは申し込みを行うことなく利用ができ、資金使途の申告も必要なく借りられるため、目的や希望に合わせて便利に素早く利用ができます。初回契約時には大きくなりにくい限度額も一定期間の利用実績によっては増額も可能となり、プロミスは今後にも役立つ便利なサービスとなるのです。

返した分が借りられる利点と欠点

プロミスでは限度額内で繰り返しの借り入れが利用できるため、限度額一杯まで借りてしまったとしても返済を進めれば、返した分に関してはトラブルがなければ再び借りられるようになります。何度でも借りられるのは困ったときに便利ではあるのですが、気をつけなければならないのは返済がいつまでも続いてしまう可能性がある点です。

借りた後に返済だけを進めるのであればいつかは完済ができますが、返済をしては借りるといったサイクルを繰り返してしまうと、いつまで経っても返済が終わらなくなります。返済を行う期間が長くなればその分だけ利息負担も大きくなってしまうので、返した分を借りる際にもしっかりとした返済の計画は必要不可欠となります。

  • 便利だからとすぐに借りないようにする

契約後であれば限度額内で再申し込み不要で繰り返し借りられる便利なプロミスは、その便利さに甘えて手持ちのお金が無くなったときに気軽に借りてしまうと、借金をいつまでも抱えてしまう可能性があります。カードを使って借りる際も、インターネットでの振り込み融資で借りる際も、お金を借りているといった自覚をしっかりと持ち、余計な借り入れは重ねないようにしましょう。

どうしても足りないのであれば借りる
困ったときのプロミス

インターネットでの来店不要申し込みが可能で、契約もWeb契約であれば店舗にも契約機にも行かずに手続きが行えるプロミスは、その手軽さからお金に困ったときには頼れる借り入れ先となります。

ただ、だからと言って余計に借りる、深く考えずに「借りればいい」といった感覚では利用をするものではなく、借りれば利息を支払わなければならないためによく考えて借りるようにしなければなりません。本当に借りてまで必要なお金なのか、借りた後の返済はしっかりと行えるかを考えてから借りるようにしましょう。

計画的に使えば便利なサービスとなるプロミスも、余計な借り入れを重ねてしまえば返済が大きな負担となります。返済が負担となれば不便とも感じられるようにもなってしまうため、借り入れは慎重に、よく考えて利用をしてください。

▼プロミスの申し込み前に確認

プロミスの申し込みや借り入れを考える前に、まずは気になる情報をしっかりと確認をしておきましょう。

トップへ戻る